民泊の「2泊3日宿泊の解禁」により、アパート用ローンで、民泊の物件は増えていく

民泊の「2泊3日宿泊の解禁」により、アパート用ローンで、民泊の物件は増えていく

以下、日経記事の抜粋 題名: 民泊、最短2泊3日に 17年1月から大阪・北九州で 以下記事詳細: 一般住宅の空き部屋に旅行者らを最短2泊3日で泊められる「民泊」事業が2017年1月、大阪府・市と北九州市で始まる。政府が16年10月に国家戦略特区で認める民泊の宿泊日数の要件を「6泊7日以上」から「2泊3日以上」に緩めたことに対応する。国内を周遊する外国人ら短期滞在者も利用できるようにすることで、民泊事業への参入を促す。 大阪府・市は17年1月1日から2泊3日での受け入れが可能となる。6泊7日以上という条件ですでに認定を受けて営業している民泊事業者も、新たな手続きをせずに最短2泊3日でのサービスの提供ができるようになる。北九州市は1月中に事業者を受け付け、事業者の認定に取りかかる見通しだ。 特区を活用した民泊は東京都大田区も導入済みだが、都内での広がりは勢いを欠いているという。政府は年明けから都と連携し、都内の自治体を対象に説明会を開き、特区民泊のテコ入れを図る考えだ。 訪日客が急増するなか、民泊は特区内での取り組みが先行してきた。全国的なルール整備は、民泊を警戒する旅館業界と前向きな不動産業界の利害対立で遅れているためだ。特区民泊の使い勝手を改善し、訪日客をはじめ利用者のニーズに応えていく方針だ。 以下、当社の意見: 現在、相続税対策のアパート建設が増えています。そして、空室率は、以下の様にうなぎのぼりです。 (出典:タス) これらの空室に悩むアパートは、民泊の「2泊3日宿泊の解禁」により、多少空室が埋まる物件もあるでしょう。 また、金融機関は、「民泊用ローン」はまだ扱っていません。しかし、上記の様に空室の上昇も有り、「アパート用ローン」を土地のオーナーに売るのは限界を見えます。 一方、民泊用のアパートの建設は、今後普通のアパート用ローンを受けて建設されることになり、立地が良ければ訪日観光客や日本人の宿泊客によって稼働率が高まり、収入は増えるでしょう。 やはり立地が良ければという条件はつきますが、民泊の「2泊3日宿泊の解禁」により、アパート用ローンで、民泊の物件は増えていくのは明白でしょう。

Read Article →
民泊規制の名のもとに、大幅な旅館業の規制強化が京都で行われます。

民泊規制の名のもとに、大幅な旅館業の規制強化が京都で行われます。

以下:京都新聞の記事 —————– 記事題名:民泊の指導強化へ 京都市が1日から新要領    マンションの空き部屋などを利用した「民泊」を巡るトラブルが相次いでいるのを踏まえ、京都市は、許可を得た民泊も含む宿泊業者を対象に、新たな指導要綱を策定した。12月1日から運用する。民泊開業前の近隣への周知や、客による迷惑行為の防止の徹底などを求めており、必要に応じて立ち入り調査を行う。無許可営業に対する刑事告発の手続きも定めた。  旅館業の許可を得ていない場合や運営に問題がある場合、市は主に旅館業法に基づいて改善を求めてきたが、指導内容を定めた要綱はなかった。外国人観光客の増加に伴って民泊施設が増えており、騒音やごみ出しを巡る苦情が市に寄せられている。  策定した要綱は、ホテルや旅館、簡易宿所などすべての旅館業施設が対象となる。事業者が利用客に防止を求めなければならない迷惑行為として、「早朝や夜間に旅行かばんを引く音などの騒音」「決まりに反したごみ出し」などと細かく定めた。新たに旅館業の許可を申請する場合は、施設のある町内会などへの説明が必要としている。  無許可営業に対しては、連絡を求める文書を施設に貼り出し、指導に従わない場合は京都府警に告発するとした。市が今年4~10月に民泊を対象に行った調査では、対象の約880施設中、約430施設が無許可営業だった。うち約210施設の営業を中止させたが、所在地や営業者を突き止められなかった施設も半数近くに上った。  市は要綱による指導強化に加え、旅館業関連や食中毒、感染症など衛生部門を集約化した庁内組織を来年4月に発足させる方針。さらに市は、自治体独自に民泊のあり方を定めた条例を制定できるよう、国に求めている。 —————– 以下、当社意見: この中で、「決まりに反したごみ出し」を指導する意味は分かります。 しかし、「早朝や夜間に旅行かばんを引く音などの騒音」を指導する意味は、不明です。これは、私道上で規制するのであれば理解可能ですが、公道上でこれを規制するのは、無理が有るのではないでしょうか。 営業許可を取得していない施設を閉鎖するのは当然ですが、厳しすぎる規制も考えものです。

Read Article →
宿泊施設は、「宿泊」ではなく、「体験」を提供すべき

宿泊施設は、「宿泊」ではなく、「体験」を提供すべき

Fashionsnap.comの記事より: 記事名- Airbnbが宿泊に続く新サービス「トリップ」発表 体験や趣味をシェアする時代へ 記事抜粋- 世界大手のコミュニティ主導型ホスピタリティー企業の「Airbnb(エアビーアンドビー)」が、ホームシェアリングに続く新サービス「トリップ(Trips)」を11月17日(米ロサンゼルス時間)に発表した。これまで同社が提供してきた旅行者と宿泊先を繋げるサービスに加えて、現地でのアクティビティや出会う人を提案することで「旅行全体を容易でマジカルな体験」にすることを目指す。2018年を目処に、レンタカーやフライト予約といったサービスの提供も開始する予定だ。 以下、当社の意見: Airbnb(以下、エアビー)は、現在、通常の旅館業を取得した物件だけではなく、旅館業を取得していない物件の登録もあります。 故に、通常の旅館業を取得した物件のオーナーは、自身の物件が旅館業を取得していない物件に埋もれてしまうことを恐れ、通常、物件の登録をしません。旅館業を取得した物件は、通常、じゃらん、ブッキングドットコムなどの、旅館業を取得した物件しか掲載できないサイトに自分の物件を掲載します。 しかし、最近、エアビーはそのウェブサイトの機能の充実、物品破損時の保険の完備、顧客からの資金の回収を容易にするなど、多くのオーナーサポートを充実させています。故に、旅館業を取得した物件の登録も増えています。 今回の動きもその旅館業を取得した物件の登録増加に、拍車をかけるでしょう。 もはや、宿泊施設は、「宿泊」のみを提供するのでは、差別化に限界が有ります。 現在は、競争がだんだんと激しくなっています。宿泊+ツアー+食事+通訳など、多くの要素を組み合わせ、その宿泊施設を差別化せねばならなくなってきています。 この写真は、今回の新しい機能を発表した際のエアビーの社長のプレゼンの様子です。

Read Article →
米エアビー宿泊 日本300万人超 1~10月、訪日客1割が利用

米エアビー宿泊 日本300万人超 1~10月、訪日客1割が利用

以下、日経記事の抜粋: 題名:米エアビー宿泊 日本300万人超 1~10月、訪日客1割が利用 民泊仲介世界最大手の米エアビーアンドビーを利用した訪日客の数が2016年1~10月の累計で300万人を超えたことが明らかになった。10月末で訪日外国人観光客の数は2000万人を突破しており、1割前後が同社のサービスを使ったとみられる。民泊を巡る法整備が難航する中、訪日客の利用が先行していることが浮き彫りになった。 以下、当社意見: 最近、「エアビーを使った民泊は違法で、悪い!」というような論調も有ります。しかし、しっかり許可を取得した旅館にとっても、エアビーアンドビーはしっかりとした、客室販売の販路として定着しつつあります。理由は、エアビーのシステムがしっかりしていて、宿泊者や宿泊施設の管理者が使用しやすいためです。故に、「合法的な宿泊施設」も徐々にエアビーに施設の掲載を始めています。宿泊施設予約サイト絶大な知名度を誇るブッキングドットコム(Booking.com)は、「ノーショー(no show)」と呼ばれる、「予約しても宿泊施設に宿泊者が来ずに、キャンセル料も払わない」という事態が頻発するため、実は宿泊施設の管理者から嫌われています。  

Read Article →
米エアビー、米独などが規制強化 民泊短期貸し出し広告で

米エアビー、米独などが規制強化 民泊短期貸し出し広告で

日経記事全文: 一般住宅に旅行者を有料で泊める民泊の仲介最大手、米エアビーアンドビーに逆風が吹いている。世界各国で自治体との摩擦が強まっているためだ。米国では人種差別をめぐる同社の対応が批判され、事業展開に影響が出そうだ。 ニューヨーク州はこのほど、短期貸し出しの広告を出すことを違法とみなし、違反者に最大で7500ドル(80万円弱)の罰金を科す規制が導入された。カリフォルニア州アナハイム、ドイツのベルリンも同様の規制を導入した。世界の都市で規制強化の動きが広がっている。 ニューヨーク市ではすでに、居住者が不在の間に30日未満の短期間、他人に住居を貸し出すことが禁じられた。同市は約4万件以上が登録される米国最大の市場。州が市を補完する規制を導入したことで、民泊への打撃は一段と大きくなるとみられる。 2008年創業のエアビーアンドビーは、日本を含めて世界約190カ国3万4000以上の都市で事業を展開。登録物件数は200万室以上と世界最大のホテルチェーンの米マリオット・インターナショナルを上回る規模にまで成長した。 急成長してきたエアビーアンドビーは、ホテル業界から納税や法規制を逃れていると批判されているだけでなく、自治体の反発も強い。周辺住民とのトラブル事例が数多く報告されているためだ。エアビーアンドビーは自治体に「ホテル税」を納める方針を示しているものの、各自治体の反応はまちまちだ。 人種差別問題も追い打ちをかける。同社を巡っては、米国内で人種や性的指向などを理由に貸主から宿泊を断られる例が多数あると指摘されていた。5月には人種差別を受けたとする利用者が同社を提訴した。 以下、当社の意見: 一旦、数年は既存の「ホテル業界」が強くロビー活動をするので、このようなエアビーに対する規制の動きが広がるでしょう。 その後、シェアリングエコノミーと呼ばれる「物を所有せず共有する経済」の人類への浸透や、理解の深まり、そしてインターネットによって、徐々に規制緩和されていくでしょう。エアビーの場合、規制を緩め過ぎたりすると、火災や犯罪などの温床の場と化すかもしれませんが、最近はインターネットの技術革新で、犯罪を防ぐことも容易です。防火材の発達により、最近の家は燃えにくくなり、家事は容易に発生しません。 今は、エアビーなどのシェアリングエコノミーは叩かれる時期で、日本ではオリンピック頃にはその時期を超え、このシェアリングエコノミーは成長期に入るでしょう。    

Read Article →
調査や融資、改修までワンストップで空き家解消

調査や融資、改修までワンストップで空き家解消

以下、日経記事の抜粋: 建築のプロが築古の住宅をインスペクションし、性能向上の改修内容や活用方法を提案。さらに、改修後の建物を担保に改修費用を金融機関から融資してもらえる――。建物調査から改修提案、融資、資金回収まで、空き家対策をワンストップで相談できる新しい仕組みを、NPO法人街ごとリノベ開発機構(東京都豊島区)が発表した。2016年10月19日に東京の池袋で開催されたイベント「空き家サミット2016」で公表した。 ↑参加者の様子 以下、当社の意見: 中古物件で簡易宿所を行いたいという方々が増えていますが、上記のようなシステムはまだ現状で簡易宿所の業界に存在しないため、簡易宿所の業界のトレンドは新築がほとんどです。 今後、このような「中古を簡易宿所にするためのシステム」の構築は必要でしょう。

Read Article →
マンションでの民泊は広がりません

マンションでの民泊は広がりません

以下、朝日新聞の記事全文: 空き部屋に旅行者を有料で泊める「民泊」の広がりを受け、国土交通省はマンションの管理規約に民泊の受け入れの可否を明示するよう促すことを決めた。規約の文案をつくり、近く業界団体などに通知する。民泊ではゴミ出しや騒音を巡るトラブルも多いことから、あらかじめ規約で可否を決めておく必要があると判断した。 日本を訪れる外国人観光客が増え、宿泊施設が不足しているため、政府は民泊を国家戦略特区で旅館業法の適用外として認めることにした。今年2月から運用が始まり、東京都大田区と大阪府の大東市など4市で今月11日までに28施設(83部屋)が参加、利用者は297人となっている。政府は31日から民泊で条件としていた「6泊7日以上」を「2泊3日以上」に緩和し、さらに利用を促す。大阪市や北九州市も参入を予定。政府は来年の通常国会に、全国で民泊を認める新法案を提出する方針だ。 だが、多くのマンション管理組合がひな型として使っている国交省作成の「標準管理規約」には民泊に関する記載はない。現在の規約で民泊が可能か、識者らの見解も分かれている。 許可を受けていない違法民泊も横行し、宿泊者の騒音やゴミ捨てのマナーの悪さなどからほかの住民ともめるケースも多かった。 そこで国交省は、部屋を「民泊に使用できる」「できない」の2通りの管理規約の文案を作成。近くマンション管理や不動産の団体、全国の自治体に通知し、規約での可否の明示を求めることにした。国交省はまずは特区内のマンションに管理規約の変更を勧めるほか、特区内のマンションを販売する不動産会社にも、民泊を認める物件か明示することも求めていく方針だ。 国交省幹部は「民泊をやりたい人もやりたくない人も納得して暮らせることが重要」と話している。 以下、当社の見解: マンションでの民泊は、需要がありますが広がりません。 立地の良いタワーマンションへの民泊の需要は根強く、世界最大の民泊サイトであるエアビーでもタワーマンションの予約率は高いようです。しかし、当該タワーマンションの住民からしてみれば、「高い住宅ローンを組んで、タワーマンションの一角を購入したのに、隣はわけがわからない外国人が大勢出入りしている。怖い。マンションの管理規約で禁止にしたい」ということになります。 当社では、「中古でやるなら一軒家、新築ならマンションタイプの簡易宿所も可能です」とお伝えしています。 新築のマンションタイプの簡易宿所ならば、旅館業を行って、万が一失敗しても、最悪のシナリオとして、マンションに転用すればいいです。 中古の一軒家ならば、「既存の住人」との軋轢は生まれにくいです。もしかしたら、隣の住人から苦情はあるかもしれませんが、その場合、法律上問題、無いことになります。        

Read Article →
2泊3日の衝撃は思っている以上に強くない

2泊3日の衝撃は思っている以上に強くない

以下、読売新聞の記事全文:   タイトル「民泊の滞在日数要件、「2泊3日以上」に緩和」   政府は25日の閣議で、マンション空き室などに旅行客らを有料で泊める「民泊」について、滞在日数要件を「6泊7日以上」から「2泊3日以上」に緩和する政令改正を決定した。    31日に施行する。改正政令には民泊事業者に対する〈1〉宿泊者名簿の備え付け〈2〉近隣住民との調整――の義務を明記した。    山本地方創生相は記者会見で「観光客の宿泊ニーズに、より柔軟に応えられる」と述べ、民泊の利用増に期待を示した。    民泊は国家戦略特区の区域計画が策定されている自治体などに限って認められており、現在は民泊条例のある東京都大田区と大阪府で利用できる。   —————–   当社意見:   これから2泊3日は普及するでしょう。しかし、台東区では、この特区の規制緩和とは逆行する内容を、区の条例で多く定めています。   区の地元の旅館などの業界から、区議員へのロビー活動が有り、思ったほどこの2泊3日はすぐには広まりません。まだ数年は、特区の民泊ビジネスで採算を取るのは難しい状況が続くでしょう。  

Read Article →
民泊は2泊3日が許可されるか、まだ分かりません。

民泊は2泊3日が許可されるか、まだ分かりません。

以下、記事の抜粋:   題名:「特区民泊」最低宿泊日数緩和、政府方針に大阪、京都で温度差」   内容:「マンションの空き部屋など一般住宅に旅行客らを有料で泊める国家戦略特区の民泊制度で、政府は最低宿泊日数を6泊7日から2泊3日に緩和する方向を打ち出した。」       当社意見:   2泊3日は全国的に普及するかは、まだ懐疑的に見るべきです。というのは、政府は2泊3日を許可しますが、その最終的な決定権は各市区町村に委ねられており、ある区が条例で、「民泊は6泊7日以上とする」とすれば、2泊3日になりません。京都は、既存の旅館業団体の力が強く、記事から推察すると2泊3日にはならないでしょう。 「2泊3日」という言葉が、独り歩きしていますが、まだ簡易宿所の許可を取り、1泊2日から事業ができる優位性は緩いでいません。

Read Article →
インバウンド需要は限定的

インバウンド需要は限定的

以下、日経記事の抜粋: 「インバウンド需要は全体の10~15%にすぎない。国内需要を盛り上げることが大事。インバウンドなんかほっとけばいい」。星野社長は、国内ホテル業界が抱く訪日客需要への過剰な期待に冷ややかな視線を注いでいる。   以下、当社意見: 星野リゾート社長の星野さんの意見は、非常に的確です。インバウンドは日本で騒がれていますが、日本の宿泊市場の9割は日本人です。また、日本人を年齢で分ければ、退職後の高齢者の市場が大きくなっています(出典資料)。星野リゾートのような大きな老舗会社はこの高齢者の伸びる市場を取っていくのが間違いなく王道でしょう。 外国人向け宿泊施設の市場は、まだ日本の宿泊施設にこの市場に対応するための経験が溜まっておらず、新規参入者には絶好の機会と言えます。もちろん、ヒルトンのような世界的にブランド力の有る会社は裕福な外国人旅行客に対応する経験を持ち合わせています。 しかし、現在、月給10万円に満たない人々もアジア各国から日本に押し寄せています。彼らに対応するための経験は、日本の宿泊市場の中で、確立されていません。ここに、多くの人へ平等に当該市場に参入する為の機会が眠っています。 星野社長の経歴はこちら、以下は彼の写真:

Read Article →