信頼が増せば、自由の選択肢が増えるという時代

信頼が増せば、自由の選択肢が増えるという時代

以下、記事の抜粋です。 エアビーアンドビーのレビューや評価は、利用者側にもつきます。個人的な経験から言わせてもらうと、レビューが20個を超えると、世界が変わります。貸す側の立場で考えてみればわかることですが、たとえどんなに大金を支払おうと、レビューの数が少ない、あるいはレビューの評価が低い利用者には、部屋の中に芸術作品があるような部屋は貸したくない。貸すなら、レビューの数が多く、評価が高い利用者に貸したいと考えるのは自然でしょう。 要するに、客も評価される時代に私たちは、生きていて、今後はそれが加速されていきます。 我々は個人の信用情報が悪いと、クレジットカードを作ることができません。 今後は、個人の信用情報が悪いと、ホテルにも泊まれないようになります。良い人には良い世界、行いの悪い人には、厳しい世界になります。

Read Article →
旅館業法改正は見送り

旅館業法改正は見送り

今国会での、旅館業法改正は見送りになりました。   民泊新法は実質的な民泊規制を強化する方向に向かっているようにも見られ、今後、民泊業者は旅館業法の規制緩和を望むでしょう。

Read Article →
クラウド型ホテル

クラウド型ホテル

記事名:点在する空き物件をまとめて街を「クラウド型ホテル」に、大阪USJ近隣地区で観光拠点の新構想 これは、民泊の受付自体は、駅の近くに設置し、民泊施設自体に受付は置かないで人件費を削減するというタイプのホテルで、まさにこれが民泊の完成形の一つでしょう。  

Read Article →
民泊ホストがBooking.comを選ぶ理由

民泊ホストがBooking.comを選ぶ理由

営業許可があれば、民泊物件をBooking.comに載せることができます。 記事名:民泊ホストがBooking.comを選ぶ理由 要するに、Booking.comに載っている民泊物件は、 顧客から信頼され、Booking.comに載ってる民泊物件は、まだ多くないので客単価や稼働率を高く保てる という、ことです。 この記事は、営業許可を取るデメリットについて記載していないので、そこだけを加筆させて頂きます。 通常の中古の一軒家で営業許可取得には、平均で、500万円~1000万円程度必要です。この資金を回収するには、5年程度の歳月が必要なことも稀ではありません。 違法民泊は、誤差はありますが、半年ほどで投資資金を回収することが可能で、5年という投資資金の回収期間は非常に大きなデメリットに見えます。 故に、多くの民泊のホストは、初期費用を安く抑えられる民泊新法ができるのを、ただ待っています。

Read Article →
民泊新法の制限

民泊新法の制限

記事名:民泊新法が成立、上限は年180日まで 違法行為には6カ月以下の懲役も 要するに、この法律は、制限はありますが、180日以内なら、普通の家でも宿泊業を営めるようになります。以下に制限をあげます。 制限1:宿泊日数制限 年間180日の宿泊では、宿泊業専業の施設は採算が合わない。他の365日は、賃貸に出すことになるが、そんなことがそもそも可能なのか。この法律が制定され、多くの会社の180日の制限無視の横行後、何処かの会社が、大規模にこの制限の無視で警察に2020年の東京オリンピック前に摘発され、オリンピック後は社会全体がこの法律を守るという、流れになるかと思います。 制限2: 分譲マンションの制限 当然ですが、マンションの一つの部屋が民泊だと、共用部に普通の住人と民泊の利用者が混ざり合うことになり、民泊の部屋の隣に住んでいる人は、「なんで外人が出入りしてるのか、怖い」となり、揉め事がおきます。そして、理事会で、「当マンションは民泊禁止」の規則が採用され、駅近で立地のいい分譲マンションは宿泊不可になります。そもそも、駅近で、一棟が一人のオーナーが所有している場合や、一軒家の民泊の需要は今後増えるでしょう。 やはり、簡易宿所の許可を取得して地道にいい立地でビジネスをするのが王道でしょう。 以下のような古民家が今は使用されておらず、180日年間で稼働するなどの使われ方が、この法律の本来の趣旨でしょう。

Read Article →
中古物件の不動産取引が増えない根本原因にメスが入るかもしれません。

中古物件の不動産取引が増えない根本原因にメスが入るかもしれません。

記事名: 空き家取引活性化へ仲介手数料の上限緩和 国交省が告示改正を検討 今は、安い中古の物件を不動産会社が仲介すると、以下の図の様に、不動産会社への売上手数料が低く、赤字になることもありました。今後は、仲介手数料上限緩和が実現すれば、古民家、空き家中古住宅の流通が促進され、民泊に使える物件が市場に出回る可能性があります。  

Read Article →
古民家+民泊利用=危険。

古民家+民泊利用=危険。

古民家+民泊利用=危険。民泊は立地が命。立地さえ良ければ、それ以外はなんとかなると思います。 記事元:産経新聞 題名:古民家再利用へ鑑定 民泊や集会所…活用に注目 福井 上記のような記事が最近多いですが、古民家は、公共交通機関から離れていることが多く、古民家の民泊利用は、立地が事業継続の8割を左右する民泊の利用は危険です。 立地が良くて古民家なら、良いと思いますが、立地が悪い古民家は民泊以外の用途を探った方がいいでしょう。脱サラして、古民家を使った宿泊施設を始め、思ったより収益が上がらなくて困っている人々が大勢います。彼らからのコンサルの依頼を受けることもありますが、立地が悪い場合、お断りすることが多いです。 立地さえ良ければ、他の集客、その他の要素はなんとかなります。 駅前の立地であれば、民泊が失敗しても、賃貸、商売、何にでも転用可能です。

Read Article →
訪日外国人に畳が良いという先入観は危険、ベッドの用意が良い。

訪日外国人に畳が良いという先入観は危険、ベッドの用意が良い。

こちらの記事:外国人観光客に畳と布団が人気!「民宿」が宿不足を救う 上記記事には、畳が人気と書かれていますが、私の知る50代のロシア人女性は、普通の主婦ですが、畳は無理です。そもそも、床に座る、寝るという習慣がロシアに無いため、「ベッドでないと、立つときに転ぶかもしれなくて、危険」と言われました。 畳を外国人は好き、というのは、正確な現実ではなく、「畳を好きな外国人もいる」という現実を直視すべきです。

Read Article →
民泊の解禁は目前

民泊の解禁は目前

6/1に民泊の解禁を行うための法律が衆議院を通過し、いよいよ、来年1月頃に向けて地ならしが進みつつあります。 ニュース出典元: https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170602-00000021-jnn-pol http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS31H4L_R00C17A6EAF000/ 法案では営業日数は年間180日以内と定めています。 しかし、エアビーエヌビーなどの民泊サイトは、180日規制など意味がありません。各民泊サイトは、180日以上の貸し出しを行った施設を非表示にするとのことですが、結局、その施設の登録のしなおし、同じ施設なのに違うアカウントを使うなどの抜け道があり、結局、この法律は事実上の民泊の全国解禁に他なりません。    

Read Article →
民泊新法案が審議入り=届け出制、年180泊上限-衆院委

民泊新法案が審議入り=届け出制、年180泊上限-衆院委

時事通信の記事全文: 住宅やマンションの空き部屋を旅行者らに有償で貸し出す「民泊」のルールを定める住宅宿泊事業法案(民泊新法案)が、26日の衆院国土交通委員会で審議入りした。この日は石井啓一国交相が提案理由を説明。来週に質疑が始まる見通しだ。政府は2018年1月の施行を目指している。 法案は、民泊を営む家主に都道府県への届け出を義務付けるとともに、年間営業日数の上限を180泊と規定。衛生管理や苦情への対応、宿泊者名簿の作成なども義務化し、違反者には都道府県が業務停止や事業廃止を命じることができるとした。家主が民泊物件に住んでいない場合は、管理業者に委託する。 当社意見: この法律により、多くの物件が適法になるでしょう。現在、エアビーエヌビーと呼ばれる民泊掲載サイトに掲載されている日本国内の物件の99%以上は違法状態ですので、この法律は国内の宿泊業界に大きなインパクトを与えるでしょう。

Read Article →